ballrun

appli02_yellow

陸上では足が速くても、球技だと足の速さを十分に生かせないという場合は珍しく
ありません。

陸上でも100メートル走などの短距離走とマラソンなどの長距離走で求められる
スタイルが異なるわけですが、球技の場合には更に複雑になるものです。

陸上のセオリーは球技では通用しない

陸上競技の場合にはライバルとの駆け引きはあっても、基本的には自分のペースで
走ることができる一方、球技の場合には相手チームとの対戦であることが多いこと
から、ルールで認められた範囲内で必ずと言っていいほどに妨害が入ります。

このため、妨害を避けたり、かわす必要がありますし、加速・減速など瞬時に行う
場合も珍しくありません。

もちろん、陸上のようにただ走るだけでなく、ボールを持ったり蹴ったりしながら
走るわけですから、さらに難易度が高くなるわけですね。

球技で求められる走り方とは?

元陸上短距離選手で、今は陸上トレーナーとして指導にあたっている渡邉高博さん
は、陸上はもちろんのこと、野球、サッカー、バスケ、ラグビー、ハンドボールと
いった、さまざまな球技の選手からも相談を受けて指導を行っていますが、球技の
場合には以下の2つのポイントは避けることができないと指摘します。

  • 短い距離での瞬間的スピード
  • ボールを運びながら走る速さ

ボールを持った状態では、陸上のように手を強く振る動作はできませんから、球技
特有のスピードアップ方法
を身につける必要があります。

また、前に向かって走るよりも、斜めや後ろ、ジグザグなどに走るほうが多いわけ
ですから、身体に余分な負担を与えない体の動きが重要となります。

球技に必要な走り方を身につけるには?

そこで、陸上と同じような練習を繰り返すだけでは、球技特有の走法を身につける
のは難しいですし、現在の練習メニューで上達できなければ、練習量を増やしても
上達するのは困難でしょう。

普段から練習していなければ、練習量を増やせば上達するでしょうが、過度に練習
したところで上達するどころか、筋肉疲労が悪化したり、関節などの負担が大きく
なって身体故障を引き起こし、選手生命を縮める結果になりかねません。

そこで、渡邉さんが作成した「球技で使える瞬間的スピード走法」が役立ちます。

短期間でスピードアップできるようになるだけでなく、球技選手としての理想的な
身体を身につけることができます。

身体への負担が大きなトレーニングメニューはありませんので、普段の練習に無理
なく取り込めますし、高い効果が期待できます。

わからないことや相談したいことがあればメールサポートも用意されていますので
安心して取り組めます。

【公式サイトはこちら】