appli02_yellow

野球においてキャッチャーというポジションが重要なことは、あなたも十分理解
できているとは思いますが、単にピッチャーの投げるボールを取るだけでなく、
さまざまな重要な役割がキャッチャーに課せられています。

キャッチャーに求められる役割

キャッチャーに求められる役割としては、最低限、

  • ピッチャーが有利になるような配球
  • パスボールなどのミスをしない確実なキャッチング
  • 送りバント・盗塁・クロスプレーなどでランナーをアウトにできる送球

は必要ですし、それ以外にも自チームの守備全体を確認し、監督やコーチと連絡
を取り合って、現状でどのように守るのが最適なのかを判断するといった役割も
求められます。

このため、キャッチャーは「グラウンドにおける監督」という異名を持つことが
一般的です。

キャッチャーの上達は難しい

キャッチャーを育成・上達することはピッチャーと同様に難しく、そう簡単には
置き換えが出来ないポジションであることから、特に少年野球においては、練習
方法一つをとっても、キャッチャーに特化した内容が行われること自体が珍しい

ものです。

元プロ野球選手でキャッチャーとして活躍し、引退後はバッテリーコーチの経験
もあるという定詰雅彦さんは、キャッチャーの基本を教えたり、キャッチャーの
ための練習を行うチームが少ないのは、キャッチャー指導者が少なく、何を教え
ればいいのかわからないことが原因だと指摘します。

どのような練習をすれば上達できるのか?

そこで、定詰さんが選手時代、バッテリーコーチの経験をもとに少年野球選手を
数多く指導してきた実績をもとにして、系統的にキャッチャーを育成するための
ノウハウと練習メニューをまとめた「野球キャッチャー育成プログラム」を公開
しています。

DVDをみて真似をすれば十分です。
キャッチャー指導者、キャッチャー自身、どちらにも役立つ内容となっています。

週1回程度の練習でも、1ヶ月もすれば、上達したと実感できるでしょう。

【公式サイトはこちら】