appli02_yellow

現代バスケットボールではアーリーオフェンスを用いるケースが増加しています。

アーリーオフェンスは、速攻ができなかった場合に、相手チームのディフェンスが
戻ってくる前に攻撃を仕掛けるというものですが、アーリーオフェンスができない
と失敗というわけではなく、セットオフェンスやディレイドオフェンスに攻撃方法
を切り替えればいいだけですから心配する必要はありません。

アーリーオフェンスのメリットは?

それだったら、アーリーオフェンスなどを使わずに速攻に徹すればいいじゃないか
と思うかもしれませんが、自チームのディフェンスの層が薄くなる傾向があること
から、相手チームのオフェンスにカウンターを食らってしまうと逆に速攻を仕掛け
られるという点がデメリットです。

アーリーオフェンスは、速攻とセットオフェンスの中間的な位置づけでバランスが
良いことから、主要な戦略として活用するのに最適であり、必要に応じて別の戦略
に切り替えることで戦略の幅が広がります。

アーリーオフェンスをマスターするためには?

スポーツ・コーチング総合研究所「オフィスKURACH」代表の倉田伸司さんは20
10年に廃校になった四條畷北高校男子バスケットボール部を部員が一人しかいな
かった危機的な状況から、わずか2年で近畿大会ベスト8まで成長させたわけです
が、その際にアーリーオフェンスを徹底的に叩き込んだといいます。

しかし、バスケットボール部員は寄せ集めもいいところで、体育の時間でしか経験
したことがない人ばかりという状況ですから、日々の練習メニューをどうするかと
言う点から大きな問題が生じます。

スパルタ形式の練習だと退部者が次々と増えていって、試合することさえできなく
なりかねませんし、暇つぶしのような内容だと上達するのは難しいというジレンマ
に陥るものです。

そこで、倉田さんが採用したのが、以下の6つのポイントです。

  • シンプルな説明でバスケ未経験者でも理解できる
  • 勝ちを諦めることなく途中で投げ出さない心を育てる
  • 練習の成果を認識できる
  • 試合で即座に使えるものである
  • 能力差に関係なく誰でも実践できる
  • 個人ではなくチームプレイを意識させる

これらのポイントを踏まえた練習法・指導法をあなたも実践できるように倉田さん
は、「アーリーオフェンスマニュアル」というDVDを作成しました。

良い例と悪い例をあわせて説明していることから、理解しやすくなっています。
わからないことがあればメールサポートで解決できますので安心ですね。

【公式サイトはこちら】