appli02_yellow

雑談が苦手だったり、何か気の利いた面白いことを言いたいけど思い浮かばない
ために困っていませんか?

お笑い芸人レベルの切り返しができるようになれたらいいのにと思っているかも
しれません。

ユーモアのある会話ができるためには?

コミュニケーション・コンサルタントの山崎秀隆さんは、雑談や会話が苦手な人
に対してコミュニケーション力を上達させるノウハウを提供していますが、必要
最小限の手間と時間でユーモアのある会話ができるようになりたい
という要望を
数多く受けているそうです。

そこで、山崎さんが考えたのが「フレーズ集」であり、その中でも注目したのが
例えツッコミ」です。

もちろん、テレビでお笑い芸人が行っている「例えツッコミ」を素人が真似する
のはハードルが高いことから、笑いの要素がなくても気の利いた「例え」をする
だけでも十分な「日常会話版・例えツッコミ」ができるレベルになることを目標
としています。

「例え」を使った会話のメリット

適切なタイミングで「例え」を使った会話ができるようになることで、話し相手
からは頭の回転が速いとか賢いといった高評価を受けられますし、多少は空回り
しても「スベリ芸」などと良い方向で評価してくれるかもしれません。

少なくとも、自らを貶めて笑いを取りに行く必要はなくなりますし、そのような
手法で笑わせたとしても、相手から嘲笑・冷笑されかねず、低評価を受ける結果
になるわけです。

同じ「笑い」を取るにしても、知的な笑いと冷笑・嘲笑とでは天と地ほどの差が
ある
わけです。

どうすれば身につけられるのか?

この例えツッコミを身につけるのにフレーズ集が役立つと書きましたが、理由と
しては

  • 良質で大量の例えツッコミをインプットして真似をする
  • 例えを生み出すコツを理解する
  • 日常生活の中でタイミングがあれば実践する

というサイクルを回すために必要だからです。

そこで、山崎さんが日常生活の中で「例えツッコミ」を活用できる116種類の
シチュエーションを想定し、その中で使える337個の例えツッコミフレーズ集
をまとめた「クレバー・コミュニケーション」を公開しました。

早ければ1ヶ月、遅くても3ヶ月もあればマスターできるでしょう。
メールサポートもついていますので、何か不明点があれば質問できます。

【公式サイトはこちら】