appli02_yellow

ネイティブの英語の発音を聞き取れない、声を出しても通じないといった状況が
続いていませんか?

毎日、コツコツと英語の勉強を続けていても、いつまでたっても正しく聞き取れ
ないのではないかと思います。

英語を正しく聞き取れない理由は?

英語の音声を聞くだけでは上達できないと指摘するのは、戸田翻訳サービス代表
戸田あきらさんです。

あなたが英語を正しく聞き取れない理由として、戸田さんが上げているのは以下
の2点です。

  • 単語の発音を知らない
  • 単語の発音の変化を知らない

単純に聞き流すだけでは身につきませんので、学ぶ必要があります。

英語のリスニングを上達するためには?

英語のリスニング能力を上達するためには、発音と発音の変化を身につける必要
があるわけですが、それだけでは不十分だと戸田さんは指摘します。

ネイティブの会話スピードでの聞き取りが出来なければ、実際の英会話では通用
しない
からです。

ネイティブでの会話スピードに対応するためには、あなたも既に知っているかも
しれませんが、英語を英語のまま理解する「英語脳」が必要不可欠だと戸田さん
は指摘します。

いちいち、英語から日本語、日本語から英語と頭の中で翻訳していたら、よほど
頭の回転が早くなければ間に合わなくなりますし、天才であれば英語脳を簡単に
取得していますので、このような面倒なことはしません。

頭の中で瞬時に翻訳するのは同時通訳者が求められるスキルですから、凡人には
ハードルが高すぎます。

リスニング力を上げるために何が必要か?

戸田さんは、リスニング学習法として「精聴」と「多聴」という2種類の方法が
あると言いますが、どちらか一方だけが優れているわけではなく、両方とも必要
であることから注意が必要だと指摘します。

効率良くリスニング学習を行わないと、精聴のみ、多聴のみといった具合に傾く
ことになりかねない
ので注意が必要です。

そこで、効率良くリスニング学習が行えるように戸田さんが「ばっちリスニング
という教材を作成しました。

メールで1日分の学習内容が送られて、合計51日間で終了します。
会員サイトでは一括ダウンロードも可能ですから、必要に応じて選べます。

【公式サイトはこちら】