appli02_yellow

中高年になると、筋肉を鍛えても成長しなくなるどころか、老化に伴って衰退する
ばかりといった状況になりがちです。

筋トレをしても現状維持が精一杯という人も少なくありません。

50代以降にカラダを鍛えるためには?

50代以降になると、筋トレに取り組んでも、若い頃とは異なり、あっという間に
疲れてしまったり、無理をして頑張ると筋肉痛に苦しめられたり、肉離れや骨折と
いった身体故障に苦しめられる場合が一般的です。

このため、無理ができないからと言って筋トレを適当に済ませてしまうと、全くと
言っていいほど鍛えられません
し、かといって無理に鍛えると痛みや故障のために
物理的に筋トレができなくなる
という厄介な状況になりかねません。

その原因として、パーソナルトレーナーの「ユウジ」さんは自己流で筋トレをして
いる
からだと指摘します。

ユウジさんはパーソナルトレーナーとしてのキャリアは15年ですが、それ以前に
ジムなどで指導を行っていたのは24年という豊富な実績があります。

どのような筋トレがいいのか?

それでは、50代以上の人が筋トレで身体を鍛えようと思ったら、どのようにする
のがいいでしょうか?

まずは筋トレをする前に、体を変えるトレーニングをするための準備を行う必要が
あるとユウジさんは指摘します。

50代以上は、若い頃と同じようなトレーニングをしても体を壊すだけですから、
正しい段階を踏んで、正しい準備をし、正しい体に整える必要があります。

その方法をまとめたのが「50歳から始める男の筋トレ」です。
174分の動画と40ページのマニュアルで詳しく説明しています。

ダンベルなどの道具は一切不要です。
あなたの身体一つがあれば十分です。

70歳でも筋肉が成長した実績がありますので、50代では余裕だとユウジさんは
断言します。

【公式サイトはこちら】