appli02_yellow

勉強しても成績が上がらない
どころか
勉強をする気にもならない
といった状況ではありませんか?

勉強という言葉を聞いただけでウンザリしているかもしれませんね。

どうすれば勉強して成績が上がるのか?

どうすれば、学習意欲が向上して、成績を上げることができるのでしょうか?

学生時代は成績下位だったにも関わらず、東京大学に合格できたという脳力開発
インストラクターの梅村武史さんは、「合格に焦点をあてた勉強法」と「合格を
達成するための達成計画
」を作成すればいいとアドバイスします。

人間には意味の無い行動は続けられないという本能があります。

受験に合格するとか、定期テストで高得点を取るために勉強するという目的だけ
でもモチベーションが維持できる人もいますが、少なくとも、あなたの場合には
当てはまらないわけですから、勉強が続かないし、無理に続けても成績が上がら
ない
わけです。

このため、勉強をする目的を明確にする「達成計画」を作ることが効果的ですし
優等生が自然に身につけている学習法を用いたほうが、同じ時間だけ勉強したと
しても成績アップにつながります。

3つのことをすればいい

何だかとてつもなく難しそうなことをしているように思ったかもしれません。

そんなことができるわけがない
と思わず言いたくなったのではないでしょうか。

そこで、梅村さんは誰でも取り組めるように、以下の3つのことを順番に行えば
いいとアドバイスします。

  • 「受験の極意」を知る
  • 簡単なワークで「合格地図」を作成する
  • 毎日5分間「極意」を実践する

この方法をまとめたマニュアルが「わくわく試験合格術」です。

上の2つは1回行えば十分ですから、最後の「極意」だけを毎日実践することに
なります。

これまでの実績から見ると、3週間もあれば十分だと梅村さんは言います。

【公式サイトはこちら】