appli02_yellow

早ければ小学生の高学年になると成長期に入ることもあって、身体能力に大きな差
が出てくる
ものです。

バドミントンにおいても、身体能力の差というのは試合結果に出やすい傾向がある
ことから、どうしても成長期が遅いと不利になりやすいわけですね。

もちろん、成長期が早いことだけを頼みにしていると、成長期がほぼ終了する高校
以降は全く優位性がなくなることから無意味になりますし、逆に身体能力が劣って
いることを言い訳にしても意味がありません。

小学生でバドミントンに強くなるには?

小学生を対象とした全国大会で優勝者を数多く輩出していることで知られる青森市
にある浪岡ジュニアバドミントンクラブの奈良岡浩監督は、バドミントンを始めた
時期や、誰から教わったかで勝敗が決まる場合が珍しくない
と指摘します。

当然、「だから、小学校の入学式の前に奈良岡のところに来て学べ」などと言って
いるわけではなく、潜在能力を引き出す指導を受ければ成長する余地はいくらでも
存在する
というわけです。

優秀な指導者が見つからない場合は?

しかし、あなたのお子さんが通える範囲に運良くバドミントンスクールがあるとは
限りませんし、小学校のクラブ活動では上達するのは絶望的です。

そこで役立つのが、浪岡ジュニアバドミントンクラブの練習メニューです。

強豪チームというと指導者がマンツーマンで高度な技術を教えたり、厳しい練習を
毎日長時間にわたって行なうと言ったイメージがつきものですが、指導者がいなく
ても練習ができるチームを理想としている
といったら驚くかもしれません。

その上、練習するのは週3回、1日あたり2時間程度だといったら、さらに驚くの
ではないでしょうか?

この練習法をまとめたのが「バドミントン・ジュニア選手育成プログラム」です。

【公式サイトはこちら】