appli02_yellow

何年間にもわたって英語の勉強を続けても、全く英語が話せない人がいる一方で、
留学などをしなくても国内で英語の勉強を短期間行うだけで英語がペラペラ話せる
人もいます。

この違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

短期間で英語をマスターするためには?

英語マスタ-請負人の佐藤俊介さんは「英語習得の事実」を知っているかどうか
で英語がマスターできるかどうかが決まると指摘します。

この「英語習得の事実」とは、いったい何でしょうか?

佐藤さんは以下の4つのポイントが重要だと指摘します。

  • 三日坊主にならない勉強の始め方を知っておく
  • 英語はどのように上達するのかを事前に学んでおく
  • 自分のレベルにあった効果的な勉強法を行う
  • 会話よりも「読み書き」のほうが優先順位は先

この4つのポイントを踏まえた上で、

  • 英語に合わせた勉強法をハマる脳の仕組みを使って継続する
  • 「結果の出る方法」を「続けるようになれる方法」で続けること

が「英語習得の事実」なのです。

具体的に何をすればいいのか・

しかし、概念的には理解できたとしても、具体的に何をすればいいのかが分から
なければ、三日坊主どころかスタートすら出来ずに終わってしまいます。

そこで、誰でも英語をマスターできるようになるまで実践するために必要な知識
と作業項目をわかりやすくまとめた「英語マスターアルティメットマニュアル
を佐藤さんが公開しています。

行動をすれば英語はマスターできるし、いろいろと言い訳をして実行しなければ
いつまでたっても英語の読み書きや会話ができるようにはならない
のです。

【公式サイトはこちら】