appli02_yellow

テニスの試合で、シングルスで勝ててもダブルスだと負けるといった状況が続いて
いませんか?

その原因としてあげられるのが、スキルが低いパートナーと組んだとか、コミュニ
ケーションが不十分で思い通りにプレイが出来ないと言ったところが代表例です。

やはり、シングルスが得意な選手同士が組んだペアは仲違いでもしない限りは強い
ことが一般的ですから、実力不足で負けたと考えるのが自然でしょう。

実力差以外に重要なポイントは?

その一方で、シングルスだと勝てないのにダブルスになると上位入賞するチーム
いうのも存在するものです。

シングルスが強い選手がペアを組むと、個人プレーを2人でやるだけでもダブルス
で勝てますが、シングルスが弱い選手だとそうはいきません。

明らかに実力的には劣っているのにも関わらず、どうしてダブルスだと勝てるので
しょうか?

結論から言えば、シングルスで勝てない理由となっている欠点をペアを組むことで
相互補完できるというのが大きいですし、その際に重要となるのがダブルスの戦術
です。

戦術が重要な理由は?

戦術を駆使することで、自チームにとって有利な状況になるように、相手チームを
動かすことができます。

うまく戦術をはめ込めば将棋や囲碁、チェスなどで言うところの定石に持ち込める
わけですから、苦労すること無くポイントが入るというわけです。

しかし、相手チームもバカではありませんので、ワンパターンな戦術を繰り返して
いると、いずれは対策を取られてしまい、こちらの思い通りに動いてくれなくなり
ます
ので注意が必要です。

狐と狸の化かし合いではありませんが、バレたと思ったら、別の戦略に切り替える
などして、相手チームを混乱させることが必要
となります。

数多くの戦術を身につけるには?

テニスに関する書籍やWebサイト、テニススクールなどでは何種類かの戦術を学ぶ
ことができますが、当然ながら、対戦相手も既に知っているものとして考えた方が
無難です。

初回は効果的だったとしても、いずれは対策を取られて身動きが取れなくなりかね
ません。

そこで役立つのが「ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術」です。

プロテニスプレイヤーの加藤季温さんが実践している120種類ものダブルス戦術
をDVD動画で教えてくれます。

テニスに関するスキルや身体能力に自信がなくても取り組めるものばかりですから
心配は不要です。

【公式サイトはこちら】