korean

appli02_yellow

韓国語の勉強を始めても挫折するケースが珍しくありません。

ハングルが難しい、発音が難しいなどという具合に挫折ポイントが数多く存在する
からです。

韓国語学習で挫折する理由は?

しかし、サムスン電子で技術通訳をした経験を持つ韓国語学習アドバイザーの熊澤
重典
さんは、韓国語は学習する順番を間違えると、なかなか上達するのは難しい
指摘します。

韓国語の教材や教室などでは、以下のような順番でカリキュラムが構成されている
ことが一般的です。

  • あいさつなど使いやすい短文を丸暗記する
  • 使用頻度の高い会話のフレーズを覚える
  • 並行してハングルや発音などを覚える
  • 耳を慣らすために音声をたくさん聴く
  • 会話の練習をする

しかし、これでは挫折するほうが当たり前だと言わざるを得ません。
丸暗記しているばかりでは、ハングルの仕組みが理解できないからです。

正しい韓国語の上達方法とは?

そこで、熊澤さんは韓国語会話をするための脳の使い方を身につける必要があると
指摘します。

「脳の使い方」と言っても、何か特殊なことをするわけではありません。
正しい順番で韓国語を勉強して、会話の訓練を重ねることで自然と身につきます。

具体的には、

  • ハングル文字の本質を学ぶ
  • 簡単な文章を使って、独学で話す・聞くを繰り返す
  • わかっている単語や表現の範囲内で韓国語で他人と会話する

という3ステップになります。
順番が間違っていたり、抜け落ちているから上達できないだけなのです。

3ヶ月あれば韓国語はマスターできる!

この3ステップを自宅に居ながらにして実践できるのが「韓国語光速インストール
学習法
」です。

全くの未経験者でも3ヶ月で次々と韓国語を話せるレベルまで上達しています。

第1ステップと第2ステップは自宅などで好きな時に行えますし、第3ステップに
ついては電話やスカイプ、LINEを利用して元サムスンの技術通訳と実際に韓国語で
レッスンを行うことで解決しています。

【公式サイトはこちら】