appli02_yellow

バレーボールでボールがつながらない、スパイクができない、サーブに威力がない
といった状況が続くと、とてもじゃないですが、試合で勝つことは無理です。

指導者としては頭を抱えたくなる状況ではないでしょうか。

ダメなものはダメ?

このため、基本動作を身につけてミスをしないように猛練習をする必要があるわけ
ですが、いくら練習量を増やしても上達しない選手というのは存在するものです。

思わず、サボっているのかと文句の一つでも言いたくなったかもしれません。
怠けているのは論外としても、熱心に練習に取り組んでいるのに上達しない選手
一定数はいるわけです。

人数的に余裕があるチームであれば、ミスをするだけの選手はレギュラーにしない
というのが答えになりますし、戦力外通告を出してチームから追放するというのも
選択肢として考えられますが、そうもいえない台所事情があれば、無理矢理にでも
戦力化しないといけません
よね。

どうすれば上達させられるのか?

とはいえ、練習量をどれだけ増やしても上達する気配もないというのは厄介です。

同じミスを何度も繰り返し、そのたびに指導をしたり、檄を飛ばしても、全く改善
しないわけですから、さじを投げたくなるのではないでしょうか。

そこで、選手の上達を妨げている「悪いクセ」を直せばいいと指摘するのはオーカ
バレーボールスクールの檜山拡志コーチです。

悪い癖を直すためには、練習量を増やして正しいフォームを徹底的に叩き込むのが
一般的な考え方ですが、選手からしても、わざと悪い癖を行っているわけではあり
ませんから、反復練習だけで矯正するのは非常に困難です。

上達を妨げる「悪いクセ」を直すには?

そこで、檜山さんが提唱するのは以下の2つのステップです。

  • 上手にプレーできない原因を知る
  • 原因にあわせた解決法を実践する

バレーボールが上達できない初心者・初級者を分析した結果、26個もの悪い癖が
存在することがわかった
と檜山さんは言います。

この26個の悪い癖と解消法がわかれば、単純に練習量を増やすより効率良く上達
させることができますし、いくら練習させても上達しない選手が生まれ変わる場合
も珍しくありません。

【公式サイトはこちら】