appli02_yellow

水泳の練習を続けていても、タイムを縮まらないどころか、逆に伸びるという状況
ではありませんか?

今の泳法が悪いとか、ターンなどを変えてみても、タイムが縮まらない上に、逆に
伸びてしまい、何も考えずに泳いでいる方がいいタイムだったというケースもある
と思います。

タイムが縮まらない原因は?

日本体育大学競泳部ヘッドコーチの藤森善弘さんは、「JOCオリンピック強化指定
コーチ」として日本代表選手の指導も行っていますが、水泳の理論や指導法は今も
進化を続けているので、一昔前の非効率な泳法のままで、小手先の対策だけで改善
するのではなく、現代の泳法に切り替えたほうがいい
とアドバイスします。

まわりが泳ぎやすい上にタイムも短い現代的な泳法で泳いでいる中、あなた一人が
今となってはスピードも遅く時間もかかる上に、体力の消耗も激しい旧世代の泳法
を続けていれば、タイムが縮まらないだけでなく順位も上がりません。

タイムを縮める泳法とは?

スピードアップとタイム短縮を実現するために、藤森さんは以下の2点をあげます。

  • 水の抵抗を減らす
  • 自分の力を推進力に変える

体力や筋力を伸ばすよりも、水の抵抗を減らして、スピードダウンや体力の消耗を
防ぐことを考えるほうがいいわけですが、そのために藤森さんが提唱しているのが
2軸泳法」です。

2軸泳法とは、左右の肩関節と股関節を結んだ「2つの軸」を動きの基準にして、
体を安定させることで、推進力を犠牲にせず、水の抵抗を減らしながら泳ぐ泳法
ことです。

従来型の体の中心を軸にした1軸泳法と比べると、体のブレが少なくなることから
実質的な推進力が伸びますし、水の抵抗も減らせるというメリット
があります。

クロールと背泳ぎでは1軸泳法と比べると劇的な改善が期待できますし、平泳ぎや
バタフライでもスピードアップとタイムの短縮が期待できます。

この2軸泳法を自宅で学べるのが「水泳ベストタイム更新プログラム」です。

【公式サイトはこちら】