appli02_yellow

オートバイを乗りこなすのが簡単ではないことは、あなたも毎日のように実感して
いるのではないでしょうか。

免許をとってバイクに乗り出しても、自分の思うように運転しているというよりは
バイクに振り回されている
と感じることも多いかもしれません。

加速、減速がスムーズに出来なかったり、UターンやL字・S字カーブでは対向車線
に出そうになったり、路肩をはみ出しそうになってヒヤヒヤしたこともあったかも
しれませんね。

ワインディングなどに苦手意識を感じているのではないでしょうか。

サーキット上のライディングテクニックとは違う

これらの問題を解決するためにはライディングテクニックを上達させることが必要
になりますが、とにかくバイクに乗っていれば、自然に上達できるというものでは
ありません。

単純に乗るのに慣れるというだけであって、上手に乗れるかどうかは別問題です。

意識的にトレーニングを行っていかないとライディングテクニックを上達すること
は出来ませんが、ライテクの本やWebサイトに書かれている内容を参考にして公道
などで練習を続けていても、なかなか期待したような上達は見られないものです。

サーキットとは異なり、公道上では膝を擦ってカーブを回る必要はありませんし、
路面が全く異なるために、そのままスリップして転倒する結果になりかねませんの
で極めて危険です。

どのような練習をすればいいのか?

バイクワンドットコムの中野勇さんは「ライテクの土台」になる部分を身につけた
上で、体型や身体能力によって変わることから、自分にあったスタイルのライテク
を身につければいいと指摘します。

このライテクの土台を身につけるために必要な練習が、1日3分、9日間もあれば
十分
だといったら驚くのではないでしょうか。

それを可能にするのが「1日3分の練習で変わる9日間ライテク上達法」です。

安定したライディングに欠かせない

  • バランス感覚
  • ブレーキ操作
  • ハンドル操作
  • スロットル操作

を短期間で身につけられるようになります。

【公式サイトはこちら】