appli02_yellow

インターネットに接続するためにはパソコンが必要だと言われていた時期もあり
ましたが、現在はスマホやタブレットさえあれば十分であって、パソコンなんか
必要ない
というケースも増えています。

もちろん、スマホやタブレットだけでも十分すぎる人もいますし、フリック入力
を使えばキーボードがなくても不都合はないと感じるのも当然でしょう。

大学のレポート作成などでも、スマホで文章を入力してオフィスアプリから印刷
して提出というケースが増えています。

「Microsoft Office Mobile」が無料で提供されているのも大きいですね。

キーボードを使わずに仕事はできない

しかし、ビジネスで文書を作成したり、表計算を行うと言った場合は全く状況が
異なります。

何ページにもわたるプレゼンテーションをスマホで作成するというのは不可能に
近いですし、業務に特化したソフトウェアを使う場合には、そもそもスマホから
の操作を想定していない場合がほとんど
です。

社内の情報セキュリティの関係上、接続可能な端末が限られている場合も珍しく
ありません。会社に設置されたパソコンでしか作業が許されない場合が一般的で
あって、スマホで文章を作成してメールやwifiなどでデータを送るという行為
自体が許されない会社
も少なくありません。

また、フリック入力を可能にするフリーウェアもありますが、このソフトだけに
限らず、企業側であらかじめ用意したソフト以外のインストールを禁止している
ケースも珍しくありません。

いずれにしても、キーボードを使わずに仕事をしようと思っても、選択肢は狭く
なるばかりです。

キーボード入力の苦手さを解決!

キーボード入力のトレーニングをしようと思って、市販のソフトウェアや書籍を
買ってきて練習しても、なかなか上達しないものです。

多くの人がさまざまな手法を提案していることから、情報量が多すぎて何がいい
のか分からなくなるというのもありますし、ソフトを使って練習すれば上達する
ようなものでもありません。

そこで役立つのが「パソコン超初心者のための19日間タイピングプログラム
です。

1日20分、19日間のトレーニングで手元を見ないで素早く打てるタイピング
ができる
ようになります。

というのも、独自の「1点支持コンパス打法」を用いることで、今まで苦労して
いた人でも短期間で上達できた実績が数多く存在しているからです。

【公式サイトはこちら】