>>公開は終了しました<<

ボクシングが強くなりたい
と思って、日々のトレーニングに取り組んでいると思います。

しかし、なかなか思い通りにパンチやフットワークができずに、試合でも勝てない
のではないでしょうか?

ボクシングで強くなるためには?

元ボクシング世界チャンピオンの西澤ヨシノリさんは、取得した当時は世界最年長
での世界チャンピオンだったわけですが、上達するためには理論や理屈よりも体得
することが重要
だと指摘します。

「体得」とは、体験を通して知ったり、理解して自分のものにするといった意味に
なりますが、頭のなかでわかっているだけでは意味がなく、身体で動かして実戦に
使えるようにならなければ意味がない
というわけです。

体得するためにはどうすればいいのか?

ボクシングを体得するためには、膨大な練習量が必要だというのが一般的です。

しかし、がむしゃらに練習をしているだけでは上達するのにはセンスや才能に左右
されかねないということで、誰でも効率良く上達できるようにするため、西澤さん
は、以下の流れで取り組むことを推奨しています。

  • 正しい動きを見る
  • 真似をしてみる
  • 何度も繰り返す

従来の練習法の問題点は?

しかし、特に初心者・初級者ほど、動きを正しく見ることが出来ませんので、自分
では真似して同じように動いているつもりであっても、第三者から見ると、全くと
言っていいほどにデタラメに動いていたり、自己流になって悪い癖がつくといった
結果になりかねません。

そこで、「模範演技を見て真似をしろ」といった従来型の練習法ではなく、個々の
動きについての説明を受けて、正しく真似ができる状態を作った上で、練習を繰り
返すことで効率良く上達することが可能
となります。

この練習法を自宅に居ながらにして行えるのが、ボクシング上達&西澤流人生哲学
DVD「Never say can’t」
です。

わからないことがあれば動画で何度でも繰り返し見て学ぶことができますし、更に
メールサポート対面指導(1回のみ)もありますので、着実に上達できます。

全くの未経験者が1ヶ月でプロテストに合格したというケースもあります。