appli02_yellow

ネットショップやオークション、フリマアプリなどに商品を出す際に商品画像
欠かせませんが、どのような撮影をしていますか?

新品商品であれば、メーカーや販売元などが提供する画像素材をそのまま使う場合
もあるかもしれませんが、そのような素材がない商品だったり、スマホやデジカメ
などで撮影したのはいいけれど、見栄えがいまいち良くなかったという経験をした
ことがあるでしょう。

魅力的な写真を撮影するには?

魅力的な商品画像にしようと思ったら、スマホカメラや通常のデジカメを一眼レフ
カメラに変えればいいといった短絡的なものではありません。

30年以上にわたって商品写真を中心に取り組んでいるというカメラマンの高崎勉
さんは、商品を魅力的に見せるために以下の4つのポイントをおさえる必要がある
と指摘します。

  • 質感
  • 文字情報

そのためには、商品への光の当て方やカメラの設定、商品を魅力的に見せるための
道具の使い方など、知っておかないといけないことが数多く存在します。

どのような知識を身につければいいか?

商品を魅力的に見せる撮影をするためには、知識を身につけるだけでなく効果的に
使いこなせる必要があるわけですが、カメラのマニュアルや書籍を読んだり、教室
に少し通った程度ではマスターするのは困難
です。

試行錯誤を重ねながら、経験を積み重ねていく必要がありますので、最初のうちは
思い通りに撮影ができずにイライラすることもあるかもしれません。

この経験値を埋めるのに役立つのが「知恵」ですが、この商品の場合はこうすれば
いいといったワンポイント的なアドバイスを知っても、応用できるレベルに達する
には手間と時間がかかるものです。

そこで、高崎さんがプロの写真家の商品撮影テクニックをスムーズに学べるように
広告写真のプロが教える写真講座」というDVD動画講座を公開しました。

DVD2枚組、258分の動画で高崎さんの30年以上のキャリアが培ってきたノウ
ハウを学ぶことができます。

DVDですから、1回見ただけでわからなくても、繰り返し見直すことで着実に身に
つけられます。

【公式サイトはこちら】