appli02_yellow

覚えたいことがあっても、なかなか覚えられない
という悩みを抱える人が少なくありません。

せっかく苦労して覚えても、少し時間がたつと忘れてしまうので、いつになっても
同じことを繰り返すばかりで先に進めない
という状況になるものです。

あなたも経験したことがあるのではないでしょうか。

記憶力が悪いと諦める必要はない

記憶力は生まれつきの才能だと思って、記憶力が悪いから諦めるしかないと考える
人は多いのですが、能力開発研究者の川村明宏さんは30年以上にわたる研究から
記憶力を劇的に向上させる記憶術を開発することに成功しました。

記憶術というと、一般的には語呂合わせや順序付け、さらには画像化するといった
方法があげられますが、マスターするまでの難易度が高いだけでなく、運良く身に
つけることが出来たとしても、試験などで求められる暗記では役立たない
ケースも
珍しくありません。

特に難関試験においては、知識量の多さはもちろんのこと、知識を応用できる形で
覚える必要があることから、語呂合わせや順序付けなど丸暗記するだけの方法では
役に立ちませんし、画像化するのが難しい文章や公式などには使えません。

記憶力を向上させるには?

この川村さんが開発した「記憶力を劇的に向上させる記憶術」では、普段は活発に
動いていない脳の部分を活性化するだけでなく、右脳と左脳を同時に動かせるよう
に脳を鍛えることで、記憶効率を何倍にも引き上げることが可能となります。

この記憶力を向上させるためのトレーニングメソッドをまとめたのが「川村明宏の
ジニアス記憶術
」ですが、難しい作業はいっさい行いません。

1日7分、誰でも取り組める簡単なゲームをするだけで十分です。
ジニアス記憶術の実践者は次々と成果を出しています。

【公式サイトはこちら】