appli02_yellow

スムーズな英会話ができるようになるためには、

  • 英単語
  • イディオム
  • 英文法
  • 発音

が必要になりますが、なかなか思い通りに上達しないものです。

英単語は丸暗記すればどうにかなるとしても、文法に苦手意識を持ってしまうと
なかなか上達できない
ものです。
中学の時の英語の授業で文法を学んでも全くチンプンカンプンだったというので
あれば、苦手意識が今でも残っているのではないでしょうか?

英文法が苦手でも心配いらない

英文法に対して苦手意識を持つ原因としては、活用がわからなかったり、複数の
文法事項が合わさることで混乱するといったことが考えられますが、英会話では
受験英語とは異なり、根本的に文章の組み立てが間違っていない限りは、英文法
が多少は違っていても根本的なミスを引き起こす心配はありません。

動詞と語順を学ぶのが近道

逆に言うと、間違ってはいけないのが「動詞」です。
英語では動詞の場所は決まっており、「I have a pen」を「I a pen have」と
すると、全く意味がわからなくなります。

動詞を英文中の適切な位置に置くことで語順もわかりやすくなりますし、英文法
で間違えることも減ってきます。

英語の語順で理解するのが重要

英文を読んだり聞いたりする際に、日本語に翻訳して内容を理解しようとする人
がいますが、いちいち日本語と英語で語順を変える必要がありますし、英会話の
場合には、頭の中で翻訳していると会話が止まってしまいかねません。

英語を日本語に完全に翻訳すると、元の英語とは全く違った構造、語順になって
しまいますし、日本語を英語に翻訳する際にも同じ結果になるわけです。

そこで、英語学習サイト「アルスネット・ドットコム」を運営するアルスネット
代表の土谷望さんは、正しく翻訳するのではなく、英語の語順に沿って日本語を
当てはめることで、短期間で無理なく英語脳を作り上げて、英会話でつまること
もなくなると言います。

【公式サイトはこちら】