appli02_yellow

40代を過ぎてから自動車運転免許を取得しようと思って、教習所に通ったのは
いいけれど、いろいろと戸惑うことも多いものです。

教習所通いで困ることは?

費用面で言えば、通常講習よりは若干高いですが、追加教習が発生してもコスト
追加が不要になる定額パックなどを選べばいいわけですが、教習所に通う講習生
は10代、20代が大多数ですから、カルチャーショックを感じることのほうが
多いのではないでしょうか。

学校のクラスとは異なり、仲良くしないといけないという決まりはありませんが
同年代の受講生が一人もいないことも珍しくありませんから、精神的にも辛いと
感じるかもしれませんね。

仕事をしながら教習所に通うとなると時間調整が大変ですし、思い通りに運転が
できないとストレスも溜まってくるものです。

教習所のカリキュラムは徹底的に詰め込まれていることから余裕がなく、指導を
する方にも不親切な人もいますが、丁寧に教えたいのに時間が足りないので仕方
なく最小限のことしか指導できない場合も珍しくありません。

教習所で不足していることは?

自動車運転工学研究所の細川一夫さんは、教習所で指導員・管理職を務めた経験
がありますが、今の教習所に足りない点として以下の4点をあげています。

  • 教え方という点で能力不足な指導員が多い
  • 技能教習の時間が短すぎる(延長講習で解決可能)
  • 具体的な運転方法を学べない(ハンドル操作や感覚など)
  • 受講中のメンタルケアが皆無(そもそも発想自体がない)

そこで、これらの問題点を解決できるように、教習所に通いながら実践できると
いう「40代、50代からの運転免許取得術」を細川さんが作成しました。

教習所に通わずに免許センターなどで技能試験(一発試験)を受けて合格すれば
いいと言う話ではありません
ので、勘違いしないように注意してください。

あくまでも、現在の教習所で足りない部分をサポートするのが目的です。

40代、50代からの運転免許取得術とは?

「40代、50代からの運転免許取得術」は、大きく以下の5ステップから構成
されています。

  • 教習所・指導員の選び方
  • 教習所の教習システムを理解する
  • 技能講習/検定試験攻略法を学ぶ
  • 学科試験対策
  • 教習所で学べない安全運転のポイントを知る

もちろん、マニュアルを渡して終わりではありません。
サポートサイトを用いた情報提供や個別メールサポートがついていきます。

あなたが講習を受ける中で困ったことがあればメールサポートが役立ちます。

【公式サイトはこちら】