appli02_yellow

入学試験や資格試験を問わず、難関試験になるほどに、問題文が長くなる傾向
見られます。

試験時間は限られていますので、解答時間を確保するためには問題文を読む時間
を必要最小限まで抑える必要がありますが、なかなか思い通りにはいかないもの
です。

一般的な速読では短縮できない

問題文を早く読むためには速読すればいい
と考えるかもしれませんが、速読教室に7年間通っていた土屋多紀子さんによる
と、一般的な速読法はフォトリーディングや必要な情報を拾い出す手法であって
概念的な理解で十分な読書には向いていても、一言一句読み間違えることができ
ない試験問題を読むのには不適切
だと指摘します。

難関試験では、問題文や設問が内容的に入り組んでいることが珍しくありません
ので、熟読して判断しないとミスしますが、フォトリーディングでイメージする
という処理を挟むこと自体がケアレスミスを誘発しかねません。

どのような速読がいいのか?

土屋さんは速読教室に通い続けている中で、速読法を学ぶだけでなく、自ら手法
を開発するようになったといいますが、フォトリーディングや複数行読みなどの
試験では役立たない速読を全て排除した上で、本当に必要な手法とトレーニング
メニューだけ
に絞り込んだ「合格速読」を開発することに成功しました。

すでに、司法試験や弁理士試験などの難関試験で合格速読を実践し成果を出して
いる人がいます。

合格速読の手法を学ぶために必要な時間は長くても1時間、その後は1日あたり
長くても20分程度のトレーニングで短期間のうちにマスターできます。

合格速読の特徴は?

合格速読の特徴をまとめました。

  • 横書きの問題文に特化した手法(縦書きでも手法自体は実践可能)
  • 日本語の問題文のみが対象(外国語文法に熟知していれば応用可能)
  • 1分あたり600文字を精読できる(ほぼ2、3倍のスピード)
  • 1回読むだけで詳細な内容をアウトプットできる(8割程度)

【公式サイトはこちら】