appli02_yellow

高校受験を控えているのにも関わらず、勉強をしていても成績が上がらないという
状況ではありませんか?

一般的には、勉強時間や学習量を増やせばテストの成績が上がると言われています
が、同じ程度の学力の人が、同じ時間だけ勉強しても、成績の上がり方に差が出る
ことは珍しくありません。

どうして成績が上がらないのか?

同じように勉強をしていても「成績が上がる人」と「上がらない人」の違いはどこ
にあるのでしょうか?

その答えとして、「勉強法」の差をあげるのは大平俊介さんです。

勉強の仕方が悪ければ、勉強時間や学習量をどれだけ増やしても、ほとんど効果が
ありませんし、上達スピードも極めて遅くなる傾向がみられます。

誰もが認める天才であれば、勉強法などを一切知らなくても一度見聞きしただけで
完璧に理解して応用ができるようになりますが、秀才レベルであれば、いずれかの
機会に「成績が上がる勉強法」をマスターして実践しているだけです。

一旦、マスターしてしまえば、科目や学習範囲の違いはあっても、作業手順自体は
同じことを繰り返すだけですし、着実に成果が得られますから面白いように成績が
あがっていくわけです。

成績が上がる勉強法とは?

つまり、英語の科目の勉強とかいう前の段階として「成績が上がる勉強法」を身に
つけることが重要になるわけですが、個々の科目ではなく学習法自体を学べる機会
はほとんどありません。

優等生であれば、親や兄弟などが先に実践しているのを自然とマスターしています
し、本当の偶然で運良く見つけることもあるでしょう。

しかし、学校はもちろんのこと、学習塾や個別指導、家庭教師でも大半は学習法を
教えるよりも、英語や数学といった科目を教えるだけです。

学習雑誌やWebサイトなどで学習法や体験談が掲載されていますが、あなたも実践
しようとは思ったものの、なかなか真似できなかったのではないかと思います。

そこで役立つのが、大平さんの「驚異の高校受験勉強法マニュアル」です。

【公式サイトはこちら】