appli02_yellow

ゴルフでは、ドライバーで何百ヤード飛ばしても、パターで数メートル転がしても
同じ1打です。

せっかくグリーンオンまでを頑張っても、そのパッティングで何打も打ってしまう
と、スコアを崩す原因になりかねません。

グリーンで3打も4打も打っている限りはスコア100切りは夢のまた夢です。

1ホールあたりのパター数を1つ減らすだけでスコアは18上がりますから一気に
スコアアップが実現できることがわかると思います。

パター数を減らすためには?

パター数を減らすためには、どうすればいいのでしょうか?

PGAティーチングプロの竹内雄一郎さんは、正しいパッティング理論を身につけて
練習をすれば、誰でも上達することは可能
だといいます。

しかし、
その理論や練習法がわかれば苦労はいらない
と言いたくなったかもしれませんね。

そこで必要となるのが、ステップバイステップで理論を学びながら、練習をすると
いう具合に順番を守る
ことです。

がむしゃらにパター練習だけをしても上達はしませんし、何となく上達できたよう
に思っても成績が安定しない
という結果になりかねません。

正しい知識と練習法とは?

多くのティーチングプロなどの指導で見られますが、フィーリング重視のパッティ
ング練習では上達するのは難しい
ものです。

初対面の人同士の中で空気を読むのが難しいのと同じように、パターの感覚を身に
つけるというのは短期間では無理な話です。

竹内さんは感覚的な指導ではなく、徹底的に理論に基づいた指導を行っていること
から、指導を受けた人は短期間のうちにパッティングを上達させています。

1日10分、わずか10球程度の自宅練習で、1ヶ月後には18ホールでパター数
を30以下
に減らしているケースは珍しくありません。

この竹内さんのパッティング指導を自宅で受けられるのが「ITパッティング理論
です。

徹底的に練習すべき項目はたった1つですから、少ない練習量でも成果が出せると
いうわけです。

【公式サイトはこちら】