appli02_yellow

いったんペーパードライバーになってしまうと、再び、自動車を運転できるよう
になるためのハードルは高くなる一方
です。

自動車を運転していた頃の知識や経験は薄れていく一方ですし、運転することに
対する不安や恐怖も強くなってくるのではないでしょうか。

車に乗る練習をしようと思っても、車庫出しすらできなかったり、うまく加速や
減速ができずに交通事故を起こしてしまっては元も子もありません。

ペーパードライバーを克服するには?

ほとんど交通量のない田舎に住んでいるため、公道を自動車運転の練習に使って
も支障がない状況であれば、独学でもマイペースで練習して上達できるとは思い
ますが、都市部はもちろんのこと、郊外でも交通量が多いことから、他車の迷惑
にならないように練習をするだけでも一苦労です。

その上、市街地や住宅街では道が狭いことも珍しくありませんので、家や壁に車
をぶつける危険もあるわけです。

一人で運転練習するのが怖いというのであれば、教習所等でペーパードライバー
向けの教習
が用意されていますが、一通り練習するのであれば、免許を取得する
ために費やした程度の費用が必要ですし、講習回数を減らせば費用は減らせると
いっても、自信を持って運転できるレベルに到達できるとは限りません。

ペーパードライバー克服のコツとは?

元A級レーサーの近藤恵一さんは教習所等でペーパードライバー教習を受けなく
ても、以下の10個のポイントを学ぶことで、自信を持って自動車を運転できる
ようになると指摘します。

  • ベテランになるための基本事項と心構えを身につける
  • 運転席周りとシート位置合わせができるようになる
  • とりあえずクルマを動かしてみる
  • 一般道になれるための練習を行う
  • ミラーを活用する
  • ウインカーの使い方と重要性を身につける
  • 右折/左折の基本と注意事項を学ぶ
  • クルマの前方/側方感覚を身につける
  • 車線変更の手順とコツを身につける
  • 高速道路の進入を修得する

ペーパードライバー教習不要「運転までのステップと安全運転テクニック」にて
詳細が書かれています。

もちろん、一度にすべてのポイントを習得する必要はありません。

交通事故を起こせば、あなたが怪我をするだけでなく、赤の他人を殺してしまう
おそれもありますから、不安や恐怖を感じた時点で練習をやめて、自信を持って
練習できるようになったら再開すればいいわけです。

【公式サイトはこちら】