appli02_yellow

バレーボールの試合で勝つためにはラリーができるというだけでは不十分です。
得点力のあるスパイクが打てるようになる必要があります。

しかし、スパイクを打てるように鍛えるのが難しいですよね。

スパイクの感覚をつかめるようになるまで壁打ちを繰り返すというのでは、どう
しても上達スピードには差が出ますし、スパイク練習を延々と繰り返していても
バテるだけで終わってしまっては意味がありません。

短期間でスパイクを上達するためには?

バレーボール元日本代表選手で、日本体育協会認定のバレーボール上級コーチで
ある諸隈直樹さんは、高校生以下のバレーボール選手が効率良くスパイクを上達
するためのポイントとして、以下の3点をあげています。

  • スパイクの動作を「スイング」と「ステップ」に分ける
  • ボールを捉えるポイント(打点)は選手によって異なる
  • 「極端に悪い例」を実践して良い例を理解しやすくなる

これらのポイントを踏まえた上でスパイク指導を効率良く行うために何をすれば
いいかをまとめた教材
を諸隈さんが作成しました。

それが「ベスト・オブ・スパイク」です。
効果よく上達できる練習メニューやトレーニングが指導できるようになります。

【公式サイトはこちら】