appli02_yellow

アラフォーになると、10代、20代の頃のように体に無理が効かないと感じる
ことも増えてくるのではないでしょうか。

ゴルフにおいても、ドライバーなどの飛距離が落ちてきたり、練習しても飛距離
が伸びない
といった状況に悩まされるケースが増えてきます。

あなたも飛距離が伸びずに苦労しているのではないでしょうか。

老化は甘んじて受け入れるしか無いのか?

あなたがロスが一切ない完璧なスイングができているのであれば、筋力や体力が
落ちないように鍛えるしかありませんが、アマチュアゴルファーの大半は何らか
のムダやロスがスイングに存在します
ので、これらを改善するだけで老化による
マイナス分を補うことは十分可能です。

しかし、あなたもさまざまなスイング理論を学んでは実践してきたとは思います
が、なかなか成果を出せずに困っているのではないでしょうか。

非常識・新常識のドライバー理論とは?

山口・北九州を中心に活動しているというPGAティーチングプロの杉村良一さん
は「大根切りでスイング」することで、クラブヘッドの遠心力を最大限に高めて
ヘッドスピードを極限まで引き上げることができるだけでなく、スイング軌道が
安定することから、スライスなどに悩まされることもなくなるといいます。

しかし、何か難しそうなイメージがあるかもしれませんし、どのようなスイング
をするのか見当もつかないといった状況ではないでしょうか。

杉村さんはゴルフクラブやボールなどのハードウェアが変わっているのにも関わ
らずスイングだけは大昔の時代遅れの理論のままだと言う話は、あなたも聞いた
ことがあると思います。

現代の手法を実践できない原因は?

この時代遅れのスイング理論を改善するための新手法を提案する人も少なくあり
ませんが、具体的な説明となると曖昧だったり、難しすぎて実践できないという
具合に挫折したことがあるかもしれません。

多くの場合、指導者自身が感覚的に身につけたことから、誰でも実践できるよう
に言語化して説明することができていない
ので、おなじ「感覚」を持っている人
にしか伝わらないという結果になっているのです。

そこで、杉村さんが誰でも再現できるようにスイング理論を説明している言葉の
一つが「大根切りでスイング」なのです。

この現代のハードウェアに通用するドライバー理論を誰でも再現できるように、
杉村さんが「40代からの激芯ドライバーマスター」という動画教材を公開しま
した。

ネット配信動画のため、パソコンだけでなくスマホからでも閲覧可能です。

【公式サイトはこちら】